平々凡々たまに波乱万丈+プラス

アニメ・マンガの感想メインのブログ。
たまに野球関連の話も入ってきたり。
あとは買いもしないゲームソフトについて書いてみたり。
などなど自由奔放なブログです。
コメント・トラバ大歓迎です。
リンクも大歓迎。
時々使用されるキャプは拾いものなのですいません。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
コンタクト化計画
ということなんです。
まあ野球する時だけかな。
日常生活ではメガネの方が見慣れられてると思うし。
特に僕は一重なのでメガネがないとほんと味気ない顔なんです。
ちょうどいいポイントになるというか。
まあそんなこと気にするほどの顔でもないんですけどね!

なんでコンタクトに?
という人はさすがにいないでしょう。
メガネかけた運動というのは非常に疲れますから。
精神的な負荷が大きいです。
目の隅にフレームが入るとね。
おまけにフレームの外はぼやけた世界です。
なんとしても目の焦点をフレームの中に入れなければなりません。
例えばボールとか、捕手のミットとか。
無理な話ですよね。
だからコンタクトです。
これなら視界のどこに焦点を当てなければいけなくなってもバッチリ。

スポーツは視界から一瞬で一つでも多くの状況を把握することが必要です。
その情報の中からまた特に必要な情報を一瞬で頭に入れておく。
コンタクトにすればそのプロセスが今より効率的になること間違いなしです。

ちなみに使うとしたら使い捨てタイプかな。
ワンデーアキュビューだっけ。
使い捨てタイプなら色々なところに予備を置いておけますから。
もし忘れてしまっても一つバッグの中に入れておけば平気ですよね。
ちなみのちなみに。
あの渡辺俊介もコンタクト。
ワンデーアキュビュー一日使い捨てタイプ。
ここもリスペクトしておくべきでしょう
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 22:51 | comments(6) | trackbacks(0) |
変化球論
久しぶりに野球の話です。

変化球の話をします。
僕は三振を取れる程の大きな変化球は投げられません。
なのでいかに打ち損じさせるかがポイントです。

それには小さな変化の方が打ち取りやすい。
例えば真っ直ぐと同じくらいの速さの高速シンカーなんてのはとても有効でしょう。
またはタイミングを外すスローカーブもいいです。
ちなみにただ曲がるだけでなく、浮き上がってからスピードが抜けていきながら曲がっていくのが理想です。
ならチェンジアップでもいいんですが下手には難しいんです。
その話はまた今度にしますが、なにより難しいのは遅い球を投げること自体です。
狙われたら打たれるという恐怖に勝つのも難しいし、あんまり遅いとキャッチャーまで届かない。
ストライクゾーンにとどまってくれると嬉しいんですが。

高めにカーブを決めること。
これが僕が今一番の課題にしていることです。
変化球以外にもバッターのタイミングを外す技術があるのですがなかなか難しくてまだ習得できていません。

まあ僕が一生懸命速い球を投げようとしてもたかが知れてるので、遅球で勝負することだけを考えて頑張っていきたいと思います。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛猫へ
本家ではインタビューとかしちゃいましたが。
7年目ですか。
ホントに早いなあ。
拾ってきたときはちっこくて目も顔よりでかいんじゃないかってくらいで。
いまじゃいい女です。
凛々しいね。
猫の平均寿命が15年とかだからもう半分なの?
そう考えるとなんだか寂しくなってきました。
最後まで、息を引き取る時まで一緒にいたいです。
ちなみに独り暮らしすることになったら連れて行くつもりです。
サスケのやんちゃぶりは俺のライフには合わないかな。
ペット可のアパートがいいですね。
これからも宜しく、姐・・・ピーちゃん。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
89
今年の高校野球も一段落着きましたね。
佐賀北高校が優勝ということでしたか。
県立で特待生もなし、設備も万全ではなく、進学校なので部活動にかける時間もあまり多くなく・・・。
この状況下で優勝できたというのが注目される点です。

まあ運が良かったというのもあります。
決勝戦でのあの満塁ホームランの直前。
あのフォアボールでの押し出しの一点。
あれがあったからひっくり返せたわけですよね。
押し出しがなければ同点止まりでそのあと勝ち越され負けていたかも。
あのホームランも押し出しのダメージというか気の緩みというかそこを打たれた感が。
まあ低めに外れてしまったストレート。
あれはストライクをとって良いコースに決まってました。
もしも球審が違っていたらストライクを取っていたと思います。
広陵のあの投手も捕手も他の野手も監督も「決まった」と思ったでしょう。
ひょっとすると佐賀北側も「決まった」と思ったかも知れません。
しかし判定はボール。
投手も「え!?」という感じでしたね。
無理もありません。
あれがボールにとられたら正直やってられませんね。
高校野球だから抗議もなくプレーは進みましたけどもプロだったら非難ゴウゴウです。
阪神・岡田監督だったら「何年審判やっとんじゃい。出直して来いバカヤロー」とかなんとか暴言吐いて退場だな。

さて過ぎたことをつらつらと書き並べてしまいました。
「スポーツに“たられば”はない」と言いますが、もし違う状況に変わっていたらどうなっていたか想像してみるのは悪いことではないと思います。
だからあの押し出しがなければ広陵が優勝していたかも・・・ということが言いたかった訳です。
猫も杓子も「サガキタ、サガキタ」と言っとりますので。
広陵はどうなのよと。
ちなみにみのもんたは満塁ホームランを打った副島(そえじま)の事を「ふくしま、ふくしま」と言っとりました。
そえじまなのですよと。

勝負は紙一重といいますか。
そこが野球の怖い所であり良い所なのですがね。

結構前の話を引っ張り出してきてしまいました。
でも佐賀北の凄まじい努力という前提がなければこの結果はありえなかった事です。
やはり佐賀北高校、すごいです。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スパイクの話
今日はスパイクの話をしてみます。

スパイクは大きく分けて二つあります。
まず底が金属でできているものと
プラスチックでできているものの二つです。

プラスチックでできたものは普通に安全です。
接触プレイで怪我することもあまりないですし。
確かにプラスチックでも踏ん張れることは踏ん張れますが金属には負けます。
プラスチックだと滑ることもありますから。

金属性のものだと扱いに気をつけなければいけません。
走ってるうちにスパイクでもう片足のふくらはぎを切っちゃってたりします。
アンダーソックスが切れたりなんだり。
あと接触プレイがあると怪我をしたりさせたりしてしまいます。
でも金属性の方が踏ん張れますから金属性の方が断然いいでしょう。
プラスチックは小学生くらいまで。
それ以上になったら金属性の方が長持ちしますし。

そして細かな点を言えばベロ。
足の甲のあたりにあるカバーのようなもの。
あれが折り返してあるかないか。
折り返してないやつは足首の保護になりますがちょっと足首が動かしにくいかも。
折り返してあるやつは靴紐の保護になります。
投手は投球の時に右足の甲をマウンドに擦りがちなので折り返してあればほどける心配もありません。
なので折り返しベロは投手に使う人が多いかもです。

という訳で。
スパイク
まあ投手をやるわけではないですが折り返しベロです。
足首の動かしやすさを重視した結果というべきか。
金属はマジ痛そう。
接触プレイだけは気をつけよう。

ちなみに今全身ミズノ。
ミズノの宣伝出れるぞ俺w
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 22:54 | comments(0) | trackbacks(2) |
ビリーズ・ブート・キャンプ
ビリー
ビリーズ・ブート・キャンプやりましたよ。
初めて。
いまさらな感じもしますが。
野球部の室内練習ということなんですが・・・。
みんなノリでやっちゃってる感じでしょ。

やってみたものの。
キツイ。
ちなみに僕はすぐ疲れるけどすぐに回復するタイプです。
運動したあと脈も結構早く元通りになります。
でもそうじゃない人もいる訳ですね。
そういう人は本当にぐったりしてた。
一日中ぐったりしちゃうんじゃないのかい。

確かに効きそうですよこれは。
肩と腿と腹筋が痛くなってくるんですね。
これをあれかい。
一週間やるんですよね。
すごくめんどくさいです。
最初の基礎プログラムでこれかいという感じですから。
応用プログラムと最終プログラムはどうなるんですか。

それにビリーのたたみかけ方がね。
ビリー「これはなんのトレーニングだ!?」
バック「「「筋トレ!」」」
ビリー「よく聞こえないぞ!?」
バック「「「筋トレ!!」」」
ビリー「違う!ブートキャンプだろ!」
ビリー「ではもう一回聞こう。これはなんのトレーニングだ!?」
バック「「「ビリーズブートキャンプ!!!」」」
これはどこの軍隊だい。
最後に「ビクトリー!!」だってさ。
神の祝福ってあるかいこんなものに。

結論からいうとかなり鍛えられます。
多分。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
投球術
本家では投球の技術の一部分を取り上げました。
ここではもうちょっと細かな投球術を掘り下げて見ましょう。

1、左足の使い方
左足の振り上げ方は人それぞれです。
軽く上げるだけの足立投手、胸まで上げる山田投手などさまざまです。
しかしどの投手でも共通してみられるのは左足を右足のくるぶしのあたりにちゃんと下ろしくるところです。
コントロールのいい投手は一度両足が一直線上に触れ合う間があるのですが、悪い選手は左足が遠回りしてブレがあります。
ここはいつも投球の時に気にかけているところです。

2、ロジンバッグ
ロジンバッグはだいたいの投手は立ったまま拾います。
でもこの拾い方だと頭が下がり集中力が一瞬なくなると聞いたことがあります。
なのでマウンド上に腰を下ろして触ることにしています。

3、野手の動きを見る
野手というのはよく動きます。
どんな打球にもすべての選手が動きます。
カバーに入ったり、ファールを追ったりなどなど。
テレビ越しの中継では分かりませんが、球場に見に行くと野手がよく動いていることが分かると思います。
なので投手は野手の動きに注意を配らなければなりません。
野手が動いて定位置についたあとまたすぐ投げるのでは野手は疲れてしまいます。
なので野手が定位置についてからちょっと落ち着く時間をとる必要があります。
この気配りはプロの投手ならだいたいはやってることのはずです。
しかしこれは草野球にも高校野球にも通じるものだと考えています。

4、表情をあまり出さない
これは本当に人それぞれだと思います。
ピンチを三振で切り抜けたとき、ほえる投手もいれば、クールに降りる投手もいます。
痛打を浴びてしまったとき、グラブを叩きつけたり顔を歪ませたりして悔しさを全面に出す投手もいれば、あまり表情に出さずにスコアボードなどを見続ける投手もいます。
僕自身ははっきり言ってすぐ表情や気持ちが表に出る人間だと思います。
しかしマウンド上ではそうではいたくない。
野球に限らずスポーツというのは心理戦という面もあります。
なのであまり表情などを読み取られたくないです。
隙や弱点を見せることにもなりますし、なにより落ち着いていないとコントロールも定まらずにそのまま崩れてしまうことになります。
投手は打たれたあとにちゃんと気持ちを切り替えていくことも大切です。
失点したあとに持ち直せずそのまま崩れてしまうようでは投手は務まりません。
なので普段の生活でもあんまり表情を表に出さないように訓練しています。
無表情という訳ではありませんが、あまり動揺などを顔に出さないように気をつけていますがなかなか難しいです。

投手というのは本当に強靭な体力と精神が必要だと思います。
頑張ります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
身長175〜180cm 10代後半の男 
とうとう私も16歳になってしまいまして年をとったものです。
ついこないだオギャッと産まれたばかりだと思ったのにね。

中1はやっぱ大きな転機だった気がします。いろんな意味で。
今のキャラが確立されたのも中学入ってからで
深夜アニメとか見始めたのも中学入ってからでした。

16といえばもう原付に乗れてしまいます。
もう10代も後半かあ。
と言ってもまだまだ子供気分です。
たぶん30とかになってもあまり大人気分にはなりきれない気もしますがね。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
the end of April
いやはや4月も終わってしまいました。
やはり高校入学は大きいですね。
陽気な友達もできまして2週間いや1週間足らずで生活リズムも環境も激変。
中学3年3学期の頃とは比べ物にならないほど変わっていると思います。
何もかもが変わった。
自宅が一中と同じ東戸倉地区なのでよく帰りにチャリを漕ぎながら一中の前を通るんだけれども。
当然3年間テクテク歩いていた道をチャリでシャーっと進んでいく訳です。
でも時々チャリから降りてゆっくり歩いてみたくなるようなそんな気分になります。
もうあの頃には戻れませんが。

しかし昔の思い出に浸るのはまだちと早すぎ。
そのうち忙しくなればそんな余裕もなくなるでしょうが。

あの感慨、一度浸ってみるのもいいかも知れませんよ。

今度、高校近くの風景を色々載せて色々なことを紹介してみましょう。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
Tシャツデザイン
実はスポーツ大会のA組が着るシャツをデザインする事になりました。
一応全員が考えるのですが男子の意見は少数だから男子が頑張らなければ、着るのは恥ずかしいようなシャツが出来上がりそうなのでアイディアをひねり出しています。
とりあえずここまでのアイディアを挙げてみましょう。

・赤がモチーフのキャラクターを描く
 しかし既成のキャラは著作権の問題があるのでオリジナルを作る必要があります。

・頭文字が「A」のそれらしい英単語をそれらしく並べる
 一体どんな単語がいいのか。頭文字がAの単語なんて大量にあるうえ「それらしい」単語をその中から探すのは骨の折れる仕事だぞ。募集します。

・背中に「背中」と書く
 どうみてもウケねらいです。ボツ覚悟で行かなければなりません。

・「赤」っぽい漢字を一文字デカく書く
 「赤」とか「火」とか「炎」とか「情熱」とかを連想させるような漢字はないか?これも募集します。

こんなものでしょうか。
誰かネタとかアイディアとか分けてくれませんかw
お礼は「ありがとう」しか出ないけど。
コメント欄にお願い。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
| めっしー | 雑談+ | 22:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ